ムルーンバ

(コンゴ民主共和国)

コンゴ生まれ、イギリスを拠点に活動する画家、文筆家ムルーンバ。鳥や花、そして時代を象徴する人物を題材にその美しさと人間の愚行の矛盾に斬りこむ挑発的で夢のような作品を描く。『FLOWER POWER – 独裁者の庭』と題するこの展覧会は、従順な人たちに対する権力者や醜悪なものに向き合う美などを通じて、相反するふたつのものを見つめ。。庭園に花びらと棘があるように、私たちの中にも善と悪の波動が広がっている。生まれる場所、配られるカード、まったく偶然の出来事…これらすべては生から死への道案内のように、光と影のカクテルが混ざり合い変化することを求めている。偏見と大衆迎合主義が蔓延する現代社会の中で、ムルーンバは希望に満ちた色彩で悪名高い肖像画を描く。その独裁者たちは、可憐できらびやかな女性たちと並んで展示される。私たちは、この相対性をみつめながら、寛容が敵対心を倫理が実利主義をうち負かし、ケダモノも美しいものに変貌する夢が生まれるような、幸福によって統治される場所を育んでいくのだろう

ムルーンバ オフィシャルサイト